ウーマン

便秘に効果のある酵素|お通じを促進させる成分

妊娠期間中の悩み

お腹

食生活と運動不足

妊娠期間中は全体を通してとても便秘になりやすい時期です。原因としては、ホルモンバランスの変化や運動不足が挙げられます。ホルモンバランスに関しては、妊婦は摂取した栄養を逃さないようにするため体内の代謝が低下し、腸の蠕動運動が鈍くなることにより便秘を引き起こしてしまいます。このように妊娠期間中は体内の変化によって便秘になりやすい時期だと知識があるだけで少し安心することができると思います。便秘に悩む妊婦はとても多くめずらしいことではないのです。症状を改善するためには、食生活と運動不足の改善が欠かせません。ここで身に付けた知識は出産後も生かすことができるので今のうちにしっかりと身に付けておきましょう。

食生活で気をつけること

ここでは具体的にどのような食べ物が妊婦にはおすすめなのかを紹介していきます。一つめは、乳酸菌の摂取です。乳酸菌は、腸内の環境を整える作用がありヨーグルトやチーズ、味噌などの発酵食品にも多く含まれています。自分の食べやすいものから摂取するようにしましょう。二つめは、食物繊維の摂取です。排便を促す作用がありますので積極的に摂取するようにしましょう。食物繊維にも二種類あり豆類や穀類に多く含まれる不溶性食物繊維と海藻類や果物に多く含まれる水溶性食物繊維をバランス良く摂取することが大切です。他には、スムーズな排便のために水分補給も欠かせません。朝起きたらコップ一杯の水を飲むことを習慣付けましょう。食生活を改善しても解消しない場合は、かかりつけの産婦人科で相談して個別のアドバイスをもらったり妊婦でも飲めるお薬を処方してもらいましょう。